紅白歌合戦2019にKISSが出場!出場の経緯やX JAPANのリーダーYOSHIKIとの交流のきっかけは?

芸能

12月も前半戦が終わり、今年も残すところ後半月となりました。

皆さん今年にやり残したことはありませんか?

私はたくさんあります!

今年の分も来年は頑張りたいですね。

 

一年を締めくくる国民的テレビ番組と言えば紅白歌合戦。

そんな紅白歌合戦2019に、あのアメリカのロックスターKISSがX JAPANのリーダーYOSHIKIさんと共に出場します。

なぜ今回の紅白歌合戦2019に出場することになったのでしょう?

スポンサーリンク

紅白歌合戦2019に出場するKISSとは?

紅白歌合戦は老若男女に視聴されますが、若い人たちはKISSを知らない方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために軽く紹介しておきます。

 

バンド名:KISS

・ギターボーカル:ポールスタンレー(67歳)

・ギターボーカル:トミーセイヤー(59歳)

・ベースボーカル:ジーンシモンズ(70歳)

・ドラムボーカル:エリックシンガー(61歳)

結成は1973年になり、現メンバーのうちオリジナルメンバーはギターボーカルのポールスタンレーとジーンシモンズになります。

ジーンシモンズは日本の映画デトロイトメタルシティに出演したり、X JAPANのYOSHIKIさんと交流があることから知っている人も多いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

なぜ紅白歌合戦2019に出場するのか?

紅白歌合戦にKISS!?と思った方もいるでしょう。

と言っても、今回はKISS単体で出場するわけではありません

X JAPANのリーダーYOSHIKIさんとコラボレーションにより出場します。

X JAPANのリーダーYOSHIKIさんは個人的にベースのジーンシモンズと交流があり、自身もKISSの大ファンです。

YOSHIKIさんはファンを驚かせる事が好きなことで有名ですが、去年はサラブライトマンとコラボしたりと、紅白では必ず話題に上がっています。

今年はX JAPANとしての活動がないものの、それでもファンを喜ばせようとするYOSHIKIさんは偉大です。

 

また、KISS自身も中々他のアーティストと同じステージに立つことは少ないようで、今回はYOSHIKIさんだからということで出場を快諾したようですね。

「Kissはなかなかほかのアーティストと同じステージに立つことはない。今回はロックミュージシャンとしてだけではなく、日本という国に社会的に貢献しているYOSHIKIさんだからこそ。仲間の1人だと思って共演させていただきます」

引用:音楽ナタリー

 

スポンサーリンク

YOSHIKIとKISSの関係性

前項でも申し上げた通り、YOSHIKIさんは幼いころよりKISSの大ファンでした。

初めていったコンサートもKISSであり、ロックに目覚めたのもKISSです。

同じX JAPANのメンバーだったhideさん(享年33歳)もKISSの大ファンであったことは有名で、KISSがいなければX JAPANは誕生していないといっても過言ではないでしょう。

そんなKISSとの交流ですが、X JAPANは以前よりアメリカで活動していました。

1994年に発売されたKISSのトリビュートアルバムで、KISSのブラックダイアモンドをYOSHIKIさんがプロデュースしたのがきっかけで交流が始まりました。

思っていたよりも古い付き合いなんですね。

先日2019年12月11日KISSの東京ドーム公演でのアンコールで、サプライズでYOSHIKIさんが登場しました。

12月17日の大阪ドームでも出演が決定していたりと、昨今までYOSHIKIさんとKISSの交流は深いものとなっています。

そんな関係性だからこそ、今回のYOSHIKIさんの提案にKISSメンバーもOKを出したのでしょう。

スポンサーリンク

最後に

日本のロック業界は以前ほど勢いがありません

それでも2000年代よりは盛り返してきた感は感じますが、アメリカも同様です。

 

YOSHIKIさんは以前X JAPANのアメリカ公演で「ロックは死んでいない」とMCしました。

オーディエンスは割れんばかりの歓声と拍手を送ったそうですが、今年の紅白もまさしくRock and Roll All Niteとなりそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました