ふたご座流星群を撮影するコツ!スマホでも一眼レフでも出来る初心者向け講座!

自然

何年か毎にやってくる様々な星座の流星群。

今回はふたご座流星群ですね。

 

流星群は通常の流れ星の集まり、つまり星屑の集団です。

運が良ければ圧巻な光景を拝むことが出来るでしょう。

 

そんな光景を撮影したいと思いませんか?

撮影しようとしても、通常のカメラやスマホをそのまま空に向けて撮影すると、真っ暗になったりしませんか?

今回は星空を撮影するコツを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

流星群を撮影する前に

まずどのカメラでもそうですが、星空を撮影するには場所が重要になってきます。

カメラは光をレンズに集めますので、できるだけ暗くて広い場所がいいでしょう。

山奥の公園なんかが最適ですね。

カメラの設定で何とかなる場合がありますが、できるだけ街の光も入らないところがいいでしょう。

 

ちなみに月の明かりも相当明るいです。

出来れば月が見えなくなる新月の時がいいですが、流星群はそんなの待ってくれません。

こればかりは天候と共に運に頼るしかないですね。

流星群を撮影する際の持ち物

撮影するぞ!と意気込んでも、準備が出来ていなければ無駄足になってしまいます。

まずは必須ともいえる持ち物を知りましょう。

三脚

地球から遠く離れた星は、星そのものは大きくても地球から見る場合相当小さいですよね?

手持ちで撮影した場合、かなりの確率で手振れしてしまいます。

カメラをしっかり固定できる三脚は必須でしょう。

懐中電灯

山奥の公園に行った場合、街灯がない恐れもあります。

その場合非常に危険ですので、懐中電灯も必須アイテムと言えるでしょう。

尚、撮影中にしようするとレンズに光が入ってしまいますので、撮影中は気を付けましょう。

広角レンズ

あったほうがいいものと言えば広角レンズ。

スマホにも外付けのレンズが売っていたり、星空を撮影するアプリがあったりもしますが、基本的には広角レンズは必須と言えます。

ズームレンズでも可能です。

 

自分自身一度奥多摩湖周辺で、通常のレンズを使って星を撮影したことがありました。

結果は…黒い背景にゴミが付いているような写真が取れました。

 

山奥まで行ってそんな結果じゃ残念ですよね。

なので広角レンズ、もしくはズームレンズは必須です。

遠隔シャッター

これは必須とまでは言いませんが、できればあったほうがいいでしょう。

先ほども申し上げたように、流星群を撮影するにあたって手振れは天敵です。

 

設定のせいでもあるのですが、カメラに付いたシャッターを押すだけで手振れは発生します。

なのでカメラに触れない遠隔シャッターがあると便利でしょう。

 

最近のカメラはWi-Fiが内蔵されており、アプリでシャッターを押すことが出来るものもありますよね?

その場合は要らないですが、古いカメラの場合は必須と言えます。

スポンサーリンク

一眼レフで流星群を撮影する場合

さて、いよいよ撮影に入るわけですが、必要なものを準備してもデフォルトの設定で撮影しようとしても星は撮れません。

試しに撮影してみてください。真っ暗ですよね?

 

星を撮影するには、カメラのISO感度、F値、シャッタースピードを調整する必要があります。

難しく感じましたか?

私も最初はそうでした。

これからそれぞれの役割について説明します。

 

それぞれの用語については別記事でご紹介しますので合わせてご覧ください。

 

星を撮影する際のカメラの設定

まずはISO、F値、シャッタースピードを調整します。

ISOは800

F値は解放。数値であれば一番低くします。

シャッタースピードは30秒といったところでしょう。

 

設定はこの値からスタートしてみて、状況によってそれぞれ調整します。

フォーカスは必ずマニュアルにしてください。

 

これで撮影の準備は整いました。

実際に星を撮影してみる

ではスタンドにカメラを固定して、フォーカスをいじってみてください。

フォーカスはマニュアルですので、シャッターを反押ししても反応しません。

必ずレンズの周りを回して、自身でピントを合わせてください。

ピントを星に合わせたら、ここまで来てやっとシャッターを押せます。

シャッターが開いている30秒間は触ってはいけませんよ!

 

シャッターを長く開いていると、その間に通過した光は動いた分だけ線のように写ります。

地球も動いていますので、長時間シャッターを開けていると星全体が線のようになりますが、30秒程度であれば問題ないでしょう。

シャッターが開いているときに流星群が通過すれば成功です!

シャッターが下りたら撮影した画像を見てみましょう。

これでくっきり撮れていれば設定は問題ないです。

周りの好きなシチュエーションで撮影してみましょう。

 

スポンサーリンク

流星群をうまく撮影できなかった場合

星をうまく撮影できなかった場合は、先ほどのカメラの設定を再調整してあげる必要があります。

光が強く全体的に明るくなりすぎる場合はISOを400→200にするなど、値を小さくしてみてください。

 

逆にまだ暗く、星が写りにくい場合はISOの値を大きくしてみてください。

ISOの値を大きくするとノイズも大きくなりますので、状況によって変えてみてください。

星全体が線状もしくは、横長になってしまう場合はシャッタースピード短くします

上記の画像のように星の軌道を取りたければシャッタースピードは長くても大丈夫です。

 

点々としている星の中、流れ星だけを線状に撮りたい場合はシャッタースピードを短くしてあげます。

30秒程度のシャッタースピードであれば星が線状になることもないと思いますが、もしなってしまった場合はシャッタースピードを速くしてあげてください。

 

ちなみに目的が星の軌道を撮影したい場合であれば、シャッタースピードを長くするだけです。

スマホ編

記事が長くなってしまったので、スマホ編は後日別記事で執筆します。

楽しみにしていてくださいね!

 

スポンサーリンク

最後に

これまで準備がどうとか設定がどうこうと話してきましたが、星の撮影はシャッターを押すまでの作業が8割です。

また、各々が撮影する環境によっても設定や準備するものは変わってきます。

と言っても必要なもの設定ばかり気にしていてはハードルが上がる一方なので、まずはとにかく撮影してみるといいでしょう。

 

撮影してみて不満に思う点や、必要なものが出てくればその都度改善していけばいいと思います。

ハードルが上がって撮影までこぎつけられないのであれば本末転倒ですからね。

楽しんで撮影してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました