台風の強さを表す「猛烈な」「非常に強い」などの基準は何?これまでで日本で一番大きい台風は!?

自然

この記事を書いている現在、もうすぐ台風19号が東京都内に上陸しようとしています。

台風には強さがあり、天気予報などでも非常に強い台風がなどのアナウンスがされますね。

その基準はどうなっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

台風の強さの呼び名

台風の強さの階級には3段階あり、それぞれ強い非常に強い猛烈なという風に基準分けされています。

この呼び名にはそれぞれ風速、大きさで分けられており、その基準は以下の通りとなっています。

気象庁HPより引用

例えば台風の大きさが700km、風速が50m/sだった場合は大型で非常に強い台風と呼ばれるわけです。

 

スポンサーリンク

台風の強さの基準

前項で基準値毎の強さの画像を貼りましたが、今度は強さごとに見ていきましょう。

強い

強い台風とは風速33m/s~44m/sとなっています。

この数値だけ見てもピンとこないでしょうが、風速33m/sとは人が吹き飛んでしまうような強さです。

目黒区HPより

風速30m/sを超えると、人は風に向かって呼吸することが難しくなるといいます。

基準の中では一番下ですが、それでも前傾姿勢をとっても立っていられないほどの風という事です。

これより強くなるとどうなってしまうのでしょうか?

非常に強い

非常に強い台風とは風速44m/s~54m/sまでの台風の事を指します。

風速40m/s以上になると、地面に落ちている石が吹き飛び始めます。

風速50m/s以上になると家屋の崩壊が始まったり、樹木が根こそぎ倒れたりします。

2019年10月12日に関東に上陸した台風19号は、この強さに値します。

これより強くなる猛烈な台風とはどのようなものなのでしょうか?

猛烈な勢い

猛烈な勢いの台風とは風速54m/s以上の台風を指します。

風速54m/s以上になるとソーラーパネルも吹き飛びます。

blogimg.goo.ne.jpより引用

ソーラーパネルが飛ぶ様子など全く想像できません。

実際に見ることはないと思いますが、その状況を見る機会があるとしたらその時は周りの被害も相当なものでしょう。

 

スポンサーリンク

台風の大きさ

台風の天気予報には大きさも報道されます。

台風の大きさは風速15m/s以上で区切られており、風速15m/s以上の所から中心部の距離で大きさが発表されます。

大型(大きい)

大型の台風とは、台風の半径が500km以上~800km未満の台風を指します。

半径500kmとは東京を起点にした場合、北は盛岡、南は兵庫県の端までの距離になります。

 

これだけでも凄く大きいことがわかりますね。

800kmだと北は苫小牧、南は山口県長門市までに広がります。

これだけでも十分超大型とも言えますが、これより大きい基準があるというのもビックリです。

超大型(非常に大きい)

超大型の基準は半径800km以上の台風を指します。

800km以上の台風になると日本をすっぽりと覆ってしまうことになりますが、このような台風は今までにあったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

日本で一番大きかった台風

日本で一番大きかった台風は平成9年(1997年)に発生した台風13号と言われています。

その直径はなんと2350km

台風の大きさは半径で示されますので、この場合は半径1175kmとなり超大型となりますね。

このように日本がすっぽり覆われています。

このような台風で全国に被害があった場合、他県からの救援物資が届かないという状況になる恐れもあります。

台風をあまく見ずに、事前に十分な対策をしてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今現在(2019年10月12日21:20現在)東京都内ではすごい風が吹いています。

台風には風速と最大瞬間風速がありますが、突風は報道の1.5~2倍の強さの風が吹くといわれています。

 

報道での数値が少ないからと言って外に出たりせず、家屋の中で安全に過ごしましょう。

もちろん避難勧告避難指示が出たら速やかに指示に従いましょう

ではみなさんお気をつけて。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました